Kyoto University Advanced Nursing Sciences

日本語

English

ご挨拶

未だ誰も経験したことのない少子超高齢社会の到来を目前に控え、健康長寿でありたいと世界中の誰もが願っています。わが国はこうした課題を乗り越え、人々が世界最高水準の健康を享受できるような保健医療システムを世界に先駆けて構築する役割を担っています。保健医療システムの根底を支える価値規範の一つに、これまでの疾病の治療や生命維持を主目的とするCure中心から、慢性疾患や一定の支障を抱えても生活の質を維持・向上させ、暮らしや生き方を支えるCare中心の医療へのパラダイムシフトが急務となっています。

看護学は実践科学としてそのあり方を探求しようとする学問であり、先端看護科学コースでは、京都大学の自由な学風を基盤として、個々人の個性や自らの関心・主体性を尊重しつつ、新たな英知と技術の創造を目的として教育・研究に取り組んでいます。各分野、各教員の研究については、それぞれのHPをご覧ください。

看護学の研究者として、世界のリーダーを目指す熱意のある「あなた」をお待ちしています。

 

看護科学コース長

天谷 真奈美