Kyoto University Advanced Nursing Sciences

日本語

English

精神看護学分野

スタッフ

天谷 真奈美 教授

山之内 智子 助教

分野の紹介

精神看護学分野は、人間の精神に焦点をあてた看護学の分野です。精神疾患を有する方々の回復や自立に向けたケアを行うだけでなく、乳幼児からお年寄りまでの幅広い年代で健やかな心の維持向上を目指す予防的な看護ケアも含みます。また、近年、うつ病、自殺者、薬物やネットなどの依存症者の増加が社会問題化し、精神看護に関する社会的ニーズが高まっています。こうした精神病理は個人的な要因のみならず組織・制度と密接に絡み合っていることから、物事全体をとらえる広い視野と深い洞察力、新しい課題への挑戦と科学的根拠に基づき問題解決できる力、人々の思いや考えを理解できる力と効果的なコミュニケーション力を高めることを目指しています。

教育内容

学生自らが疑問に感じたことを自主的に学習し、グループ討議を通して認識を高めていきます。実習では、附属病院や学外病院の精神科病棟において、これまで学んだ知識や技術を最大限に駆使し、精神疾患を抱えた患者の回復に向けた関わりだけでなく、その人らしい生活を営めるような看護を体験します。さらに、実習の場は病院だけではありません。精神疾患を抱えながらも地域で安定した生活を維持できるような社会のシステムを実体験し、病棟での看護に活かすためにも、就労支援施設やデイケアなどの社会資源施設でも実習を行います。信頼関係の構築を基盤とし、患者に心を開いてもらえるよう効果的コミュニケーション能力を高め、看護師として必要な臨床実践能力を身につけていきます。


白熱するグループ討議


精神看護学実習での心豊かな患者ケア

研究内容

大学院生と合同のゼミに参加し、最先端の学術研究に触れていきます。精神障害を持つ人の体験世界の探求、精神科リハビリテーション看護および精神疾患を予防するためのケア開発、精神医療保健福祉システムや政策の改善に手掛けています。米国など世界をリードする海外の大学との定期的な国際学術交流を盛んに行っています。


アットホームな精神看護学ゼミ

その他

地域貢献活動として、京都府内の中学・高校に「心のケア」の出前講義を教員・学生・精神保健福祉事業所職員で実施しています。被災地の心のケアにも地元と連携して教員・学生がボランティアとなり、活動を展開しています。