Kyoto University Advanced Nursing Sciences

日本語

English

精神看護学分野

スタッフ

上野 里絵 教授

山之内 智子 助教

須賀原 教子 助教

分野の紹介

精神看護学分野では、精神疾患をもつ人とその家族それぞれが、自分の人生を自らのものとして歩み続けられるよう、当事者・家族と共同していく支援のあり方を基本理念とし、実践に根差した教育・研究を追求しています。

また、精神的問題の予防や精神的健康の増進といったあらゆる人々のこころの健康の向上に寄与する教育・研究を推進して参ります。

教育・研究活動によって得られるさまざまな成果を国内外に発信し、臨床現場、社会に還元することを使命として、社会に貢献することを目指しています。

教育内容

本学の特徴を生かし、京都大学医学部附属病院との有機的連携、及び領域横断的なコラボレーションによる多角的な視点、さらには創造性を大切にした教育・研究を推進しています。

学部教育

科学性を重んじるとともに、当事者の視点にたった看護実践能力の育成を重視し、当事者をゲストスピーカーとして招聘した授業などを展開しています。また、精神疾患への偏見・スティグマなど、精神医療における課題を社会全体から見渡す視野、解決に向けた看護職の責務や可能性について考える力の育成を重視しています。実習は病院だけでなく、地域活動支援センターなどにて行い、生活者としての当事者を理解し、精神保健福祉チームの一員としての看護職の役割と多職種連携について学びます。

大学院教育

修士課程:精神看護学の基盤となる諸理論を学び、高度な援助技術能力や研究能力を備えた人材の育成を目指します。また、高度実践研究者養成プログラム専門看護師課程では、精神看護専門看護師の養成を行っています(webサイト http://www.nursing.hs.med.kyoto-u.ac.jp/education/certified-nurse-specialist/)。

博士課程:科学性を重んじ、高い倫理観と創造性に富んだ研究マインドをもって、精神看護学の発展に寄与できる自立した研究者を育成します。さらに、国際的かつ学際的な共同研究を推進し、世界をリードするグローバルな人材育成を目指しています。

研究内容

上野里絵 教授 

・精神疾患をもつ人への子育て支援とその子ども・家族への支援に関する研究

フィンランドの国家的プロジェクトの中で、児童精神科医ソランタウス氏が開発した“レッツトーク・アバウト・   チルドレン(LT)”の日本での実装研究をソランタウス氏らと行っています。LTは支援者と親との対話、共同性、尊厳の尊重を基本精神とした妊娠期からの切れ目ない支援です。また支援者へのサポートを目的とした包括的教育プログラムの作成とその効果評価研究も行っています。

Covid-19が家族機能に及ぼす影響に関する探索的研究-世界5か国の国際共同研究

 18歳未満の子どもを育てている家族を対象にCovid-19パンデミックが家族機能に及ぼす影響について縦断的調査を   実施しています。

山之内智子 助教 

・災害被災者の精神健康度の変化についての研究

・看護職の職場のメンタルヘルスについての研究

須賀原教子 助教 

・看護師が行うせん妄ケアの効果に関する研究

・チーム医療における医療者間の協働を促進する要因に関する研究