Kyoto University Advanced Nursing Sciences

日本語

English

緩和ケア・老年看護学分野

スタッフ

田村 恵子 教授

恒藤 暁 教授

白井 由紀 准教授

井沢 知子 助教

分野の紹介

がんの診断時~終末期及びがんサバイバーとして生きる過程で直面する健康問題及び生活に関連した様々な現象について明らかにし、看護の視点からケアやサポートの方法を探究しています。また、がん以外の疾患や老いに伴う苦痛を全人的な視点から捉えて、Quality of Lifeの維持・向上に向けたケアについても探究しています。

研究内容

がん及び非がん、老いに伴って生ずる全人的苦痛に対する緩和ケア、エンド・オブ・ライフケアに関する研究

教育内容

ゼミ形式で看護研究の一連の流れに沿って指導を行う。研究室の文献検討会にて、がん看護及び緩和ケア、EOLケアに関する研究の動向を大学院生と共に学習します。統合実習はがん看護、緩和ケアに関連した施設などで行います。

卒業論文のテーマ

[2016年度] 

  • がん患者の意思決定においてがん看護専門看護師が抱く葛藤とその対処
     ~進行がん患者の治療選択場面に焦点を当てて~
  • 緩和ケア病棟の看護師が感じる家族ケア・遺族ケアにおける困難とその対処法
  • わが国の看護領域におけるスピリチュアリティ概念の現状に関する文献検討
  • 自宅での看取りを経験した遺族が求める近隣住民によるサポート

[2015年度]

  • 病名告知後~早期のがん患者のスピリチュアルペインに対するがん看護を専門とする看護師によるスピリチュアルケア      
  • エンド・オブ・ライフにおける病状が違う上での希望する療養場所の違いとその理由  
  • 診断直後のがん患者に対する家族の思いと関わり~遺族の語りから~       
  • ホスピス入院前後の患者のホスピスに対する認識の変化からみる治療期に望ましい情報提供
  • AYA世代のがん患者が経験する診断後の人生に対する思いの変化とその変化をもたらす要因

[2014年度] 

  • 掻痒感がある透析患者のセルフケアの検討~アトピー性皮膚炎患者への掻痒感に対するケアの応用~
  • 在宅療養における高齢慢性心不全患者への訪問看護師の援助と工夫
  • 終末期がん患者のリハビリテーション依頼検討と多職種連携
  • 訪問看護師による配偶者と死別した高齢者へのグリーフケアの検討