Kyoto University Advanced Nursing Sciences

日本語

English

母性看護学分野

スタッフ

古田 真里枝 教授
柳吉 桂子 准教授

分野の紹介

近年、少子化の進行、不妊治療や児童虐待の増加など、女性を取り巻く環境は大きく変遷しています。母性看護学では、リプロダクティブ・ヘルス/ライツの観点から、すべてのライフステージある女性の健康課題について理解を深め、女性と家族の健康増進に向けた支援について探求します。中でも妊娠、出産、育児を経験する女性や家族に対する継続的で質の高いケアを提供することを目指しています。

教育内容

正常な妊娠・分娩・産褥・新生児・乳幼児に関連した健康現象を診断・支援するために必要な理論と技術を講義・演習・ゼミを通じて学びます。また、女性の生涯にわたる心身の健康問題への原因解明と支援方法の開発に関する研究課題を中心に据えて、母子保健のスペシャリストとしての教育と研究を行います。


沐浴演習の様子

英国研修の様子

研究内容

臨床現場のケアの実証研究、それに基づく開発研究などに力を入れています。さらに、国際的視野に立ち、国内外の助産師活動や教育システムの比較研究や近未来型の教育方法の開発研究などに積極的に取り組んでいます。

卒業論文のテーマ(一部抜粋)

[2016年度] 

  • 女子大学生の月経随伴症状とその自己管理との関連
  • 不妊症及び不妊治療に対する女子大学生の理解度調査
  • 夫立ち会い分娩に関する文献検討
  • 子ども虐待に関する文献検討
  • 帝王切開を体験した女性の出産に対する心情に関する質的研究:インタビュー調査

[2015年度]

  • 大学生における産後うつ病の認知度についての質問紙調査
  • 英国における褥婦の産後鬱病に関連するリスク因子の探求:二次データ分析