Kyoto University Advanced Nursing Sciences

日本語

English

在宅医療看護学分野

スタッフ

木下 彩栄 教授
鳥井 美江 助教

水阪 志麻 助教

 

研究室webサイト http://kinoshita-lab.hs.med.kyoto-u.ac.jp/index.html

分野の紹介

私たちは、たとえ病を持ちながらも、自分らしい人生を生きる権利があります。超高齢社会に突入した日本では、病気とともに生きていくということが時に必要になっています。中でも、認知症は2025年に700万人の人が罹患するとされており、認知症に対するケアは急務になっています。人は老いて病をもったとき、どこで療養生活を送るのでしょうか?厚生労働省は、高齢者や病を持つ人が、住み慣れた地域で安心して暮らせるように、在宅医療を推進しています。在宅医療看護学分野は、そのような地域包括ケアの中心となる、訪問看護や訪問診療、また高齢者のための介護施設などにおいての穏やかで安心できる生活を守ることを学ぶ分野です。

人間健康科学科における在宅医療看護学分野の特徴

本分野は人間健康科学科と、京大病院神経内科の研究グループが連携して研究を行っています。そのために、本分野では、認知症の研究や在宅看護の研究などの臨床研究から、病態を解明するための基礎研究まで幅広く研究を展開しています。

教育内容(授業・演習・実習)

授業は、在宅ケアの基本を学ぶ「在宅ケア論」を行っています。在宅ケアに必要な知識を教授するとともに、学外の講師の先生より、訪問看護ステーション、終末期医療、退院調整などのリアルな現場について学ぶことができます。「在宅看護論実習」は、京都市内の訪問看護ステーション、介護老人保健施設、認知症患者のためのグループホーム、デイケアセンター、京大病院地域ネットワークなどで行われます。


高齢者施設における実習
(レクリエーションを担当している様子)

研究内容

1)臨床研究

認知症・在宅ケアに焦点を当てたさまざまな研究を展開しています。非薬物療法の研究(音楽療法など)や、認知症の方の言語機能の研究、方言を用いた介入の効果、認知症の方が使いやすいインターフェースを追求する産学横断的研究、ICTを用いた服薬コンプライアンスの研究などを展開してきました。近隣の病院、他大学、企業の方との共同研究を推進しています。


ICTを用いた服薬支援

認知症患者の語彙力の研究

2)基礎医学的研究

アルツハイマー病の病態とかかわる老人斑、神経原線維変化の沈着のメカニズムを解明し、創薬や効果的な介入に結び付けるための基礎医学的な研究を、培養細胞、マウスを用いて分子生物学的手法を用いて行っています。


老人斑

神経原線維変化

その他

下京区の学区と連携して、物忘れ早期発見プロジェクトを推進しています。
産学連携プロジェクト、異分野(企業・デザインなど)との勉強会なども行っています。

[学部卒論テーマ] (2015, 2016年度)

(臨床研究)

音楽療法の睡眠深度への効果の研究(右上図)、訪問看護における連絡帳の有用性について、病棟による認知症患者への看護における問題点、胃ろう設置の際に必要な情報、男性利用者の通所サービスのニーズについて

(基礎医学研究)

N-cadherinとtauの結合についての研究、AAR2遺伝子変異とミトコンドリア機能(右下図)、Sirtuinとアルツハイマー病、N-cadherin knock-in mouseにおけるスパインの変化の研究

[大学院生研究テーマ]  (医学科大学院生を含む)

扁桃核の投射系とBPSDについて、体動センサーに対する看護師の意識、方言を用いた介入の認知症患者への効果、tauタンパク質の伝播についての研究、新規BACE結合タンパク質についての研究、記憶関連タンパク質の研究、アルツハイマー病原因遺伝子プレセニリンのニトロ化についての研究