Kyoto University Advanced Nursing Sciences

日本語

English

生活環境看護学分野

スタッフ

若村 智子 教授

竹之内 沙弥香 准教授

近田 藍 助教

若村研究室Facebook https://www.facebook.com/502535473200446/

分野の紹介

生活環境看護学とは、生活環境と人との関わりを通じて、看護学を考える分野です。ナイチンゲールが「看護の覚え書き」で環境が健康にとって重要な要因であると記述しているように、これは、看護のひとつの基本概念です。また、看護は、あらゆる人々を対象に日常の生活環境を時間の流れのなかで整えていくことです。対象となる人と環境の両方に焦点をあてて、生活環境看護学領域では、様々な視点から対象が自律し、より健康に、満足した生活を送るための研究・教育と実践を行っています。

研究について


Biological rhythm laboratory
(バストイレつきシングルルーム2室)
左:暗条件 右:明条件として撮影

私たちが取り組んでいる研究は、2つあります。ひとつは、シフトワーカーにとっての環境や生活についての研究に代表されるような、ヒトの睡眠・覚醒リズムに関する研究です。この課題について、実験室でのデータ収集、コホートを含む調査研究、事例を通した検証研究など、それぞれの目的に応じた方法を用いて研究を行っています。私たちの研究室では、2017年から本格的に、天候などに左右されずにリアルライフに近いデータ収集が可能となり、長期滞在型の研究実施も可能になりました。

もうひとつは、看護倫理や看護教育に関する研究です。病と共に生きる人とその家族に、看護師がどのような意思決定支援をすれば、患者の価値観を反映した医療やケアの提供や、患者が満足する生が達成されるか、適切な意思決定支援やアドバンス・ケア・プランニングの方法を検討し、モデルを開発しています。また、日本文化に即した倫理的看護実践と看護倫理教育を進めるために、国際研究や国内共同研究等を通して考察を深めています。

学部教育においては、看護2〜4年生の基礎看護学領域の看護学原論、基礎看護技術学、基礎看護学演習、基礎看護学実習、看護倫理学、看護管理学を主に担当しており、私たちの研究室で得られた成果や経験は、これらの教育にただちに反映させ、有機的なリンケージが図れるように努めています。同時に、大学院教育においても、多くの大学院生を受け入れ、生活環境看護学、看護理論、看護倫理等に関する教育・研究指導を担当しています。

教員による綿密な指導の下、学部生や大学院生は、臨床研究、大規模な実験やフィールド調査などの、多彩な研究に意欲的に取り組んでいます。その研究活動の成果は、学会等で多くの表彰の対象になっており、研究の励みになっています。

最近の受賞歴

中本五鈴(2019年博士後期課程入学)

優秀発表賞(日本生理人類学会第80回大会, 2019)

新田莉菜(2016年学部入学)

Best poster award 3rd Prize (The 14th International Congress of Physiological Anthropology, 2019)

大澤まどか(2012年学部入学)

優秀発表賞(コ・メディカル形態機能学会, 2016)

 

アウトリーチとしての活動は、眠り(生体リズム)や生命倫理に関して、京都府教育委員会、睡眠健康推進機構などを通じて、小学校、中学校、高校などに出向いて講義をしています。

Advance Care Planning(ACP)に関する学会発表(2019)

 (竹之内、右から4番目)

~体内時計と看護学~

私たちの脳にある体内時計は、太陽光の明暗サイクルに同調するような仕組みを持っています。これは、地球上で生きる多くの生物に共通です。しかし、電灯の発明以来、私たちは夜に明るく過ごすことができるようになりました。しかし、その環境は、体内時計や生体リズムに大きく影響を及ぼしていることが、最近わかってきました。利便性が追究されてきた夜の人工照明下での生活は、ヒトの睡眠行動を妨げたり、生体リズムを夜型化させたり、肥満やがん発生のリスクを高める危険性までもが報告されるようになってきました。病院で、人々が眠っている夜中も、患者を見守りつづけているのは看護師です。看護師がより健康的に働くためにはどのような環境が最善であるかを求めていく必要があります。一方で、もちろん、患者が持っている睡眠覚醒リズムの本来の力を引き出し、周囲の環境と合わせていく仕事、つまり、眠れない患者を救うのも看護の力であることは、いうまでもありません。生体リズムに関しては、若村智子編「生体リズムと健康」(丸善出版)参照ください。

〜倫理と看護学〜

私たちが社会生活を送る上で「これは善いか、正しいか」等と検討し、判断する際の根拠となるのが倫理です。「どのような医療やケアが患者にとって最善か」を常に考えながら、医療現場で日々の看護実践にあたる看護師にとって、倫理は礎ともなるものです。

看護倫理とは、看護の対象の尊厳を守り擁護する、倫理的看護実践について考えることです。医療専門職が、臨床で生じる倫理的問題を、構造化されたアプローチにより特定・分析・対応し、患者や関係者とともに本人の価値観を尊重して、最善策を話し合う取り組みが、臨床倫理ですが、看護倫理は臨床倫理と密接に関わっています。

医療専門職を対象とする倫理教育、倫理的医療やケアの実践支援、ヘルスケアおよび生命科学研究における倫理的課題の検討、ヘルスケアおよび生命科学研究の倫理に関する一般市民対象のリテラシー向上に関する取り組みなどは、すべて我々の教育・研究活動の対象です。

大学院受験を志望される方は、それぞれの教員に、メールでお問い合わせください。

 

最近の業績リスト

 

  1. Matsumoto T, Murase K, Tabara Y, Minami T, Kanai O, Takeyama H, Takahashi N, Hamada S, Tanizawa K, Wakamura T, Komenami N, Setoh K, Kawaguchi T, Tsutsumi T, Morita S, Takahashi Y, Nakayama T, Hirai T, Matsuda F, Chin K. (2020) Sleep disordered breathing and metabolic comorbidities across gender and menopausal status in East Asians; the Nagahama Study, European Respiratory Journal. DOI: 10.1183/13993003.02251-2019
  2. 若村智子、西村舞琴:はじめて学ぶ文献レビュー,総合医学社,2020
  3. Matsumoto T, Tabara Y, Murase K, Setoh K, Kawaguchi T, Nagashima S, Kosugi S, Nakayama T, Wakamura T, Hirai T, Matsuda F, Chin K, Nagahama Study Group. (2019) Association between sleep disturbance and nocturnal blood pressure profiles by a linear mixed model analysis: the Nagahama study. Sleep medicine, 61 104 – 109.
  4. Tabara Y, Ikezoe T, Matsumoto T, Murase K, Setoh K, Funada S, Kawaguchi T, Nagashima S, Kosugi S, Hirai T, Nakayama T, Wakamura T, Chin K, Ichihashi N, Tsuboyama T, Matsuda F. (2019) Association of weak hip abduction strength with nocturia in older women: The Nagahama study. Geriatrics & gerontology international. Oct;19(10):1010-1016.
  5. Tabara Y, Matsumoto T, Murase K, Setoh K, Kawaguchi T, Nagashima S, Funada S, Kosugi S, Hirai T, Nakayama T, Wakamura T, Chin K, Matsuda F, Nagahama study group. (2019) Lifestyle habits associated with nocturnal urination frequency: The Nagahama study. Neurourology and urodynamics. Nov;38(8):2359-2367.
  6. Tabara Y, Matsumoto T, Murase K, Setoh K, Kawaguchi T, Nagashima S, Kosugi S, Hirai T, Nakayama T, Wakamura T, Chin K, Matsuda F, the Nagahama study group. (2019) Frequent nocturnal urination in older men is associated with arterial stiffness: The Nagahama study. Hypertension research. Dec;42(12):1996-2001.
  7. Higo Y, Nagashima S, Tabara T, Setoh K, Kawaguchi T, Takahashi Y, Kosugi S, Nakayama T, Matsuda F, Wakamura T, Nagahama study group. (2019) Association of the spot urine sodium-to-potassium ratio with blood pressure is independent of urinary Na and K levels: The Nagahama study. Hypertension Research. 42(10), 1624-1630.
  8. 田原 康玄, 肥後 有貴子, 長島 俊輔, 瀬藤 和也, 川口 喬久, 高橋 由光, 小杉 眞司, 中山 健夫, 若村 智子, 松田 文彦. (2019) 随時尿ナトリウム・カリウム排泄量、ナトカリ比と血圧との関連. 日本循環器病予防学会誌 54(2) 124 – 124.
  9. 南 卓馬, 松本 健, 村瀬 公彦, 谷澤 公伸, 田原 康玄, 武山 博文, 小賀 徹, 長島 俊輔, 若村 智子, 平井 豊博, 松田 文彦, 陳 和夫. (2019) 睡眠時無呼吸症候群の病態と治療 糖尿病家族歴者に睡眠呼吸障害が合併した場合の糖尿病有病率 ながはまスタディ. 日本呼吸器学会誌 8(増刊) 168 – 168.
  10. Yamashita M, Tabara Y, Higo Y, Setoh K, Kawaguchi T, Takahashi Y, Kosugi S, Nakayama T, Matsuda F, Wakamura T, Nagahama Study group. (2018) Association between socioeconomic factors and urinary sodium-to-potassium ratio: the Nagahama Study. Hypertension research. 41(11) 973 – 980.
  11. Tabara Y, Matsumoto T, Murase K, Setoh K, Kawaguchi T, Nagashima S, Kosugi S, Nakayama T, Wakamura T, Hirai T, Chin K, Matsuda F, Nagahama study group. (2018) Day-to-Day Home Blood Pressure Variability and Orthostatic Hypotension: The Nagahama Study. American journal of hypertension, 31(12) 1278 – 1285.
  12. Matsumoto T, Murase K, Tabara Y, Gozal D, Smith D, Minami T, Tachikawa R, Tanizawa K, Oga T, Nagashima S, Wakamura T, Komenami N, Setoh K, Kawaguchi T, Tsutsumi T, Takahashi Y, Nakayama T, Hirai T, Matsuda F, Chin K. (2018) Impact of sleep characteristics and obesity on diabetes and hypertension across genders and menopausal status: the Nagahama study. Sleep 41(7).
  13. Matsumoto T, Tabara Y, Murase K, Setoh K, Kawaguchi T, Nagashima S, Kosugi S, Nakayama T, Wakamura T, Hirai T, Matsuda F, Chin K, the Nagahama study group. (2018) Nocturia and increase in nocturnal blood pressure: the Nagahama study. Journal of hypertension, 36(11) 2185 – 2192.
  14. Tabara Y, Matsumoto T, Murase K, Nagashima S, Hirai T, Kosugi S, Nakayama T, Wakamura T, Chin K, Matsuda F, the Nagahama study group. (2018) Seasonal variation in nocturnal home blood pressure fall: the Nagahama study. Hypertension research. 41(3) 198 – 208.
  15. Nagashima S, Osawa M, Matsuyama H, Ohoka W, Ahn A, Wakamura T. (2018) Bright-light exposure during daytime sleeping affects nocturnal melatonin secretion after simulated night work. Chronobiology international, 35(2) 229 – 239.
  16. Sato M, Wakamura T, Morita T, Okamoto A, Akashi M, Matsui T, Sato M. (2017) Effects of bright light exposure during daytime on peripheral clock gene expression in humans. International Journal of Biometeology, 61(6) 1133 – 1138.
  17. Nagashima S, Yamashita M, Tojo C, Kondo M, Morita T, Wakamura T. (2017) Can tryptophan supplement intake at breakfast enhance melatonin secretion at night? Journal of physiological anthropology, 36(1) 20.
  18. Fukushige H, Fukuda Y, Tanaka M, Inami K, Wada K, Tsumura Y, Kondo M, Harada T, Wakamura T, Morita T. (2014) Effects of tryptophan-rich breakfast and light exposure during the daytime on melatonin secretion at night. Journal of Physiological Anthropology, 33(1) 33.
  19. Lin CP, Cheng SY, Mori M, Suh SY, Chan HY, Martina D, Pang WS, Huang HL, Peng JK, Yao CA, Tsai JS, Hu WY, Wang YW, Shih CY, Hsu SH, Wu CY, Chen PJ, Ho HL, Pang GS, Menon S, Ng-Han Lip R, Yuen KK, Kwok AO, Kim SH, Kim JY, Takenouchi S, Kizawa Y, Morita T, Iwata F, Tashiro S, Chiu TY. (2019) 2019 Taipei Declaration on Advance Care Planning: A Cultural Adaptation of End-of-Life Care Discussion. Journal of palliative medicine. (1557-7740 (Electronic)).
  20. Arahata T, Miyashita M, Tamura K, Takenouchi S, Kizawa Y. (2018) Development of an instrument for evaluating nurses’ knowledge and attitude toward end-of-life care: End of Life Nursing Education Consortium-Japan Core Quiz. Journal of Hospice and Palliative Nursing, 20(1), 55-62.
  21. Takenouchi, S. (2018) Empowering Nurses through End-of-Life Nursing Education in Asia: Nurses as Advocates for Patients’ Dignity. Asia-Pacific Journal of Oncology Nursing, 5(1), 9-11.
  22. Malloy, P., Takenouchi, S., Kim, H. S., Lu, Y., & Ferrell, B. (2018) Providing Palliative Care Education: Showcasing Efforts of Asian Nurses. Asia-Pacific Journal of Oncology Nursing, 5(2347-5625 (Print)).
  23. Takenouchi S, Sasahara T, Miyashita M, Kawa M, Umeda M, Arahata T, Kizawa Y, Tamura K. (2017) Empowering Nurses through Translating the End-of-Life Nursing Education Consortium: The End-of-Life Nursing Education Consortium-Japan Core Curriculum Project. Journal of Hospice and Palliative Nursing, 19(6), 539-549.
  24. Takenouchi S, Tamura K. (2015) 77. Palliative Care in Japan. Oxford Textbook of Palliative Nursing, 4th Edition. In B. R. Ferrell, N. Coyle & J. Paice (Eds.), New York: Oxford University Press. 1131-1135.
  25. Chikada A, Takekuma Katsumata A, Asase M, Takenouchi S, Arakawa Y, Nin K. (2017) Lived experience in patients with recurrent glioblastoma in Japan: A narrative study. Asian/Pacific Island Nursing Journal, 2(4), 157-165.