Kyoto University Advanced Nursing Sciences

日本語

English

クリティカルケア看護学

スタッフ

西山 知佳 講師
佐藤 隆平 助教

研究室Webサイトhttp://criticalcare.link/

分野の紹介

クリティカルケア看護とは、生命の危機的状態(クリティカル期)にある重症患者に対してER、ICU、外科系病棟で行われるケアを行うことを指します。しかし、生命の危機的な状態は病院の中で起こるわけではなく、例えば交通事故や突然の心停止のように、私たちの生活の場でいつでも、どこでも、誰にでも起こる可能性があります。そのため、病院前救護、すなわちプレホスピタルケアを含めた概念もクリティカルケア看護には重要です。救急医療の改善のためには、病院でのケア(インホスピタル)の充実のみならず、プレホスピタルケアの充実や、インホスピタルとプレホスピタルとの連携が極めて重要になってきます。当分野はプレホスピタルケアを含め、一人でも多くの人が救うために救急の現場に還元できる研究に取り組んでいます。

教育内容(授業・演習・実習)

外傷や手術治療などにより、急激な健康破綻をきたした人の病態や治療を学びます。さらにそのような患者さんの身体的・心理的・社会的問題の把握し、その看護介入方法を習得します。授業と演習は、京都大学医学部附属病院看護部および総合臨床教育・研修センター・クリニカルシミュレーションセンターの看護師、ならびに学外の看護師の協力を得て、多彩な授業・演習を実施しています。プレホスピタルの現場を学ぶために、大阪市消防局、豊中市・池田市消防指令センターにも見学実習に行きます。臨床実習は、京都大学医学部附属病院外科病棟にて各病棟師長および実習指導者と密に連携を取り行っています。

臨床実習に向けたメンタルシミュレーション演習

消防署見学

研究内容

1)概要

疫学研究の手法を用いて、救急医療・蘇生科学の発展に貢献することを目標にしています。主な研究テーマは、「一般市民を対象にした心肺蘇生教育」、「心臓突然死の予防」、「救急現場での質の高い心肺蘇生の実施」などです。疫学研究で証明されたエビデンスを現場に還元し、その効果を実社会の中で検証することを意識して研究しています。
また、得られた研究成果をもとに、医療従事者や救急隊員へ講義や研修を行ったり、京都大学全新入生に対して心肺蘇生講習会を行っています。
さらに、救急医療や蘇生領域の最新の研究成果をまとめたガイドライン(JRC蘇生ガイドライン2015など)作成にも携わっています。

2)大事にしていること

  1. 現場(臨床)に即したresearch questionをたてそれを解決すること
  2. 現場(臨床)と密に連携をとること
  3. 政策やガイドラインに反映できるエビデンスをうみだすこと
  4. 研究成果を一般市民に還元すること

その他

学部卒論テーマ

H28年度(4名)

  • 救命講習を受講した学部2回生を対象とした救命意識調査
  • 京都学生救急サークルにおけるBLSワークショップの活動評価の必要性に関する意識調査
  • 理学療法士における心肺蘇生ガイドラインの普及の実態把握および心肺蘇生講習会前後での知識・意欲の変化の検討に関する研究
  • 大学陸上部における心臓突然死に対する安全管理体制と部員の救命意識に関する調査

大学院生研究テーマ

  • 非医療従事者を対象に胸骨圧迫の上限の深さを設定した指導方法による教育効果の検討:無作為化比較試験