Kyoto University Advanced Nursing Sciences

日本語

English

学部教育

カリキュラムの構成

「健康について科学すること」を教育テーマの中心として取り上げ、ヘルスプロモーションの考え方を学習し、保健・医療・福祉分野において「健康科学」を実践しうる能力を養うことを目指してカリキュラムを構成しています。全学共通科目や専門基礎科目で、幅広い教養系科目、基礎・臨床医学を学び、2回生後期からは看護学の専門科目を履修します。さらに、看護を実践する各臨床領域の専門科目では、各領域の特性や捉え方、疾患をもつ人や状況のアセスメント、必要な援助方法などを講義・演習・実習を統合して学習します。最終学年では、興味ある分野での卒業研究に取り組みます。卒業研究では各研究室に配属され、さまざまな最先端の看護研究に触れることにより、将来の研究者としての素地を養います。先端看護科学コースでは、教育・研究体制として大講座制をとり、下記の4つの分野で最先端の研究を行っています。

  1. 基礎看護学講座  人間・環境・生活などに関する事柄やそこから派生する健康現象について実践の基盤となるエビデンスの探求や評価手法を開発し、看護学全体の基礎となる知識や方法論の体系化などをめざしています。
  2. 臨床看護学講座  主として成人期~老年期にある人のからだとこころの健康問題に対し、専門的視点からアセスメントする方法や援助方法を開発し、実践の場で有効に活用できる教育・研究を行います。
  3. 家族看護学講座  健康を維持するために、家族とは重要な社会的な単位です。さまざまな家族形態の中で、母子とその家族を取り巻く専門的な理論と技術について教育・研究を行っています。
  4. 地域看護学講座  長寿・超高齢社会に対応したサクセスフルエイジング、介護予防、地域高齢者に対する保健看護活動や連携ネットワーク化等の地域看護の専門的な理論と技術について教育・研究しています。

先端看護科学コース(学部)への進学

特色入試入学者は先端看護科学コースへ直接接続します。入学後から、看護の素養を深めるカリキュラムが用意されています。
一般入試入学者は、希望・適性により2回生後期に進路振り分けが行われます。2回生後期からは特色入試入学者と一緒に看護専門科目を履修します。

取得可能な国家試験受験資格

看護師国家試験受験資格
保健師国家試験受験資格 保健師国家試験受験資格は、「保健師選択課程」を履修した学生に付与されます。保健師選択課程の選択科目は、3・4年次に開講され、履修志願者の選抜試験を実施します。